【簡易版】海外長期滞在者が教える中華スマホ入門ガイド【初心者向け】

詳しいことは何もわからん!でも中華スマホに興味がある。色々教えてくれ!!

よろしい!お答えしましょう!!

中華スマホに手を出したいけどどれがいいのかわからない、チャレンジしたいけどなんか怖そう。

このように考えていませんか?

今回は長ったらしい文章を読むことが嫌いな人でも見やすいように、なるべく簡潔にまとめた中華スマホ初心者向け入門ガイドです。

海外に長期滞在している私が様々な経験を通じで得たものをもとに中華スマホについてなるべくわかりやすくまとめました。

名もより詳しく解説した詳細版もございますのでよろしければ。

どーも初めましてマメと申します。(@hatomamedesuga)
当ブログへようこそ!

ではさっそくまいりましょう。

中華スマホのメリット

アヒルのイラスト
  • 同じ性能の物と比べて値段が安い
  • 斬新な技術を体験できる
  • イヤホンジャックがついているものが多い
  • 選択肢が多い
  • 目立つ存在になれる
  • SIMカードが二枚させる(機種による)

デメリットは後に解説します。

おすすめの中華スマホメーカーは?

結論:シャオミ(xiaomi)、オッポ(oppo)

こちらの画像ををご覧ください

各メーカー紹介

初心者におすすめな中華スマホは松クラスのメーカーでかつ日本に販売進出しているメーカーです。

サポートも受けやすく、比較的安価で品質が良いからです。

その条件に合致するのはシャオミ(xiaomi)とオッポ(oppo)です。

ファーウェイはグーグル問題があるので初心者の方は避けたほうが無難です。

機種はどう選ぶの?

ペンギンのイラスト

結論:

  • CPU :Qualcomm Snapdragon(クアルコム スナップドラゴン)600、700番台
  • メモリー:4GB(ギガバイト)以上
  • ストレージ:64GB以上
  • 液晶ディスプレイ:有機EL
  • 充電端子:USBタイプC
  • バッテリー:3500mA(ミリアンペア)以上

何を言ってるのかよくわからないと思います。

とりあえず時間をかけたくない人はこの条件を参考にメーカーのホームページに行き、商品紹介ページの「仕様」照らし合わせてみてください。

これはゲームをしない一般的な用途向けです。

シャオミの場合を例にします。

シャオミホームページ画像

https://www.mi.com/jp/redmi-note-9s/

項目の意味や、自分にあった選び方をしたい方は詳細版をご覧ください。

中華スマホのデメリットは?

ハトのイラスト

その一、おサイフケータイが使えないものが多い

はいそうなんです。おサイフケータイは日本独自のサービスなんでついていない機種が多いです。

その二、防水機能がついていないものもある

アンドロイドスマホは当然防水ついているでしょ!と思っている方は注意です。

コスト削減のためか、中華スマホは防水機能がないモデルも珍しくありません。

その三、サポートが受けにくい

正規代理店販売品やキャリアのショップで購入したものは大丈夫だと思いますが個人輸入で購入したものはほぼサポートは受けられないでしょう。

その四、技適、通信対応電波に注意

後に解説しますが、技適マークがないものは使っただけで違法になりますし、物によってはキャリアの電波が対応していないものもあります。

電波問題についてはこちらをご覧ください。

中華スマホはどこで買えるの?

結論:

  1. キャリアのショップで買う
  2. インターネットで買う
  3. 個人輸入する
  4. 中国本土で買う

初心者におすすめなのは1番と2番です。

中華スマホって大丈夫なの?

雀のイラスト

おそらく多くの人が気になるのはここでしょう。実際はどうなのか?解説します。

品質はどうなの?

結論:しっかりした大手メーカーの物なら問題ない。

まずはこのグラフを見てください。

・2020年Q1のスマホ世界シェアTOP5

  1. サムスン (samsung) 21.2%
  2. ファーウェイ ( Huawei) 17.8%
  3. アップル (Apple) 13.3%
  4. シャオミ (Xiaomi) 10.7%
  5. ヴィヴォ (vivo) 9.0%

https://www.idc.com/promo/smartphone-market-share/vendor

サムスンとアップル以外は全部中国のメーカーです

これだけ世界で支持され、業績もあるので使っていて大きな問題はほぼ起きません。

また、内部に使っている部品は意外にも日本製や米国製の物が多いです。

しかし、無名メーカーの中には想像通りの品質の物もありますのでそこは注意が必要です。

なんで安いの?

結論:利益率が低いから

各メーカー利益率のグラフ

グラフを見ればわかると思いますが、各社の中で圧倒的にアップル社の利益率が高いです。

それに対し中華スマホメーカー、シャオミ(黄色い線)を例にしますが、利益率は何と約5%。

一台売っても大した利益はありません。

なので安いことで大量に売って、それでもうけを出そうという戦法です。

けして品質を落として安くしているわけではありません。

日本でも使えるの?

結論:日本正規代理店販売の物なら問題ない

通信事業者から購入したものや、ネットの正規代理店から購入したものはほとんどの場合、日本の通信環境に合った設定がされているので問題ありません。

しかし個人輸入で購入する場合は注意が必要です。

個人輸入で購入する場合は日本の通信環境に合わない場合があります。それと技適マークがついていないものは違法になりますので注意しましょう。

技適マーク

中華スマホの危険性は?

結論:90%以上問題ない

よく中華製スマホの個人情報流出問題がささやかれていますが、これは政治的な問題もあり、信憑性もはっきりしません。

ただ確かなのは、私の知る限りその問題でえらい目にあった人はいないことです。

個人情報の収集はどのメーカーもやっています。そうしなければ適切なサービスを提供できないからです。

これは個人的な意見ですが、国やメーカーに関係なく、個人情報を知らせることで少しばかりのリスクはつきものです。

100%とは言いません、でも90%以上大丈夫です。

これは全世界すべてのメーカーに言えることだと思います。

ただ、どうしても中華スマホが心配で信用できない方は使用しないようにしましょう。

物は生活を豊かにするもので、ストレスを与えるものではありませんから。

まとめ

鳥のイラスト

中華スマホの概要だけはわかっていただけましたでしょうか?

この世界は私たちに全く新しい刺激的なことをもたらしてくれます。

ぜひチャレンジしてみてください!

今回は簡易版ですので超ざっくりと、基本的なことしか書いてありませんが、本当はもっとしゃべりたいことはたくさんあります。w

もっと詳しく知りたいという方もいると思いますので詳細版でより一層深く解説しています。

ではまた。

最新情報をチェックしよう!