マメの日常その8

こんちくは、マメです。

いやー雨の日はいいですな、涼しいとやる気も湧いてきますよ

今回はたわいもない話でもしますか

マメさんが人生で大事にしていることの一つ、睡眠についての話です。

現代人共通の悩み:睡眠

あなたは今よく寝れてますか?

おそらく多くの人の答えはNOでしょう。

自信をもって「よく寝れてる!」といえる人はほんの少数です。

私たち人間は毎日寝ているにもかかわらず、熟睡する方法を知らないですから。

そもそもなんで人は眠るのかさえ科学的に解明されていないらしいですからね

本当に不思議なものです。

マメさん自身も長い間睡眠について悩んでいました。

不眠症なんです私は。

疲れていても眠れない、眠りが浅いというか、ちょっとした物音でも目覚めて、しかも寝つくまでに数時間かかるという症状です。

いろいろ改善策も模索しましたよ、病院にって医師と相談したり、書籍を買って勉強したり、

多少は改善しましたよ多少は、

でもやっぱり劇的な変化はなかったんですよね、、

しかし、あることに気が付いてからはどんどん睡眠の質が向上していったんですよね。

それを今から説明します。

睡眠について自分なりの見解

マメさんはつい数か月前までほぼ毎日眠れませんでした。

そんなある日、ふと気が付いたことがあります。

休みの日の前日はよく眠れるんでよ

寝つきは相変わらず悪いですが、深く眠れるんですよね。

平日はいつも眠れないことにイライラして、ベットの中で「明日早起きしないといけないから早く寝なきゃ!」とか「ああ、今日も眠れないや、なんでだクソ!」とか「眠れ!、眠れ!この!」とかいろいろ考えてたんですよね、、、

今考えればこれが眠れない原因でした。

眠れない原因は外的要因だけではなく、心理的な要因もある。

マメさん の場合はそうでした。

もちろん人によって不眠の原因はさまざまで、一段には言えないのですが、

この「眠れ!眠れ!」と自分言い聞かせることによって神経や筋肉が緊張し、不眠という逆効果をもたらしてしまいます。

休日の前日の夜は「明日どうせ休みだから寝むれなくてもいいや」と考えるので体全体が安心感に包まれ、不思議なことに眠れるんですよね。

それからは平日でも眠れないことについて悩むことをやめました、

不眠症が原因で翌日だるい時、イライラしそうになった時にはずっとこう自分に 言い聞かせています。

不眠症で死んだ人はいない

そうなんです、全くの一睡もしないのだったら話は別ですが、不眠症の人でも夜ちょっとの間は寝ています。人間の体は意外にも丈夫なもので、不眠が直接の原因で人が亡くなった事例は今までにありません。

眠れない夜は「寝むれなくてもいいや、自分の体は不思議な力があるから大丈夫だ。」

こう考えることで私の睡眠の質は徐々に向上しました。今では寝つきは改善していませんが、一度寝てしまえば深く眠ることができ、以前と比べて元気も出てきました。

不眠症は外的な要因も心理的な要因もあると思います。心理的な要因を克服すれば半分は治ると思いますので、もしあなたも同じ不眠症だったらどうぞ参考にしてみてください。

この記事で言いたいことは

問題は不眠ではなく、不眠について悩むこと

この不眠症で貴重な教訓を得た気がします。

では今日はこのあたりで、

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!