【詳細版】海外長期滞在者が教える中華スマホ入門ガイド【初心者向け】


中華スマホにチャレンジしたい。詳しくわかりやすくいろはを教えてくれ!

よろしい!お答えしましょう!!

どーも初めましてマメと申します。(@hatomamedesuga)
当ブログへようこそ!

今回は海外に長期滞在している私が

様々な経験を通じで得たものを元に中華スマホについてなるべくわかりやすくまとめました。

中華スマホに手を出したいけどどれがいいのかわからない、

チャレンジしたいけどなんか怖そう。

このように考えていませんか?

うまくいけば今使っているスマホの半分以下の料金でほぼ同じ性能のスマホが手に入れることもできます。

今回は中華スマホについてより詳しく、より一層深く追求した詳細版です。

また、とにかく要点だけ短くまとめた【簡易版】もございますのでよろしければご覧ください。

ではさっそくまいりましょう。

中華スマホのメリット

アヒルのイラスト
  • 同じ性能の物と比べて値段が安い
  • 斬新な技術を体験できる
  • イヤホンジャックがついているものが多い
  • 選択肢が多い
  • 目立つ存在になれる
  • SIMカードが二枚させる(機種による)

デメリットは後に解説します。

おすすめの中華スマホメーカー

結論:シャオミ(xiaomi)、オッポ(oppo)

こちらの画像ををご覧ください

各メーカー紹介

このように松竹梅とクラス分けしましたが、

私の独断と偏見中国現地の人の見方によるのもですのであくまで参考までに

初心者におすすめなのは

  1. 松クラスのメーカー
  2. 日本に販売進出しているメーカー

サポートも受けやすく、比較的安価で品質が良いからです。

その条件に合致するのは

  • シャオミ(xiaomi)
  • オッポ(oppo)

です。

ファーウェイをおすすめできない理由

ファーウェイのロゴ

中華スマホの定番ファーウェイ。

中国のみならず全世界でも必ずシャアTOP3以内には入る品質、技術ともにトップクラスのメーカーです。

ではなぜ初心者におすすめできないのか?

グーグル関連のサービスが使えないからです。

有名な話なのでご存じの方も多いでしょう、

今ファーウェイはアメリカからの制裁を受けていて、

グーグルからシャットアウトされている状態です。

具体的に使えないサービスは

  1. 検索エンジンのグーグル
  2. グーグルプレイストア
  3. グーグルミュージック
  4. グーグルマップ
  5. Youtube

など

日常的に必ず使うアプリが使えないということです。

鳥のイラスト

これに対しファーウェイ側も対策をしており、

それらに代わる独自のアプリを提供しています。

しかし、いままでのアプリに使え慣れた人からすると使いこすまでストレスを感じるかもしれません。

無理やりグーグルを入れる方法もあるようですが、

初心者の方は避けたほうが無難でしょう。

シャオミとオッポの紹介

ではおすすめしたシャオミ(xiaomi)とオッポ(oppo)はどんなメーカーなのか簡単に紹介します。

シャオミ(xiaomi)

シャオミのロゴ
  • 正式名称:小米科技
  • CEO:雷軍
  • 創業年:2010年
  • 日本正式販売機種:Mi Note 10、Mi Note 10 Lite、Redmi Note 9S(2020年7月現在)
  • トピック:シャオミ、実は家電メーカー。中国本土ではテレビや炊飯器、セグウェイなども販売している。サブブランドはRedmi。

オッポ(oppo)

oppoのロゴ
  • 正式名称:oppo
  • CEO:陳明永
  • 創業年:2003年
  • 日本正式販売機種:oppo Renoシリーズ、Findシリーズ、Aシリーズ、Rシリーズなど多数。
  • トピック:実はvivoと親会社が同じ、またone plusなどとも深いつながりがある。

シャオミのすすめ

この二つの中でオススメなのはシャオミです。

個人的な理由ですが、

  • 価格と性能のバランスが良い
  • 今後どんどん新機種が増える
  • 独自のソフトウェアが使いやすい
  • シャオミ信者だからw

oppoの利点は機種が多いので選択肢が増えるということでしょう。

どっちにしろこの二つのメーカは優秀なことに変わりはありません。

機種の選び方

ペンギンのイラスト

結論:

  • CPU :Qualcomm Snapdragon(クアルコム スナップドラゴン)600、700番台
  • メモリー:4GB(ギガバイト)以上
  • ストレージ:64GB以上
  • 液晶ディスプレイ:有機EL
  • 充電端子:USBタイプC
  • バッテリー:3500mA(ミリアンペア)以上

こちらは簡易版で紹介した物ですが、今回はもう少し詳しく解説します。

まずはこれらの項目の意味です。

各項目の説明

大体の役割はお分かりいただけたでしょうか。

用途別の選び方

ゲームをしない人

  • CPU :Qualcomm Snapdragon(クアルコム スナップドラゴン)600番台
  • メモリー:4GB(ギガバイト)
  • ストレージ:64GB以上
  • 液晶ディスプレイ:FHD+以上
  • 充電端子:USBタイプC
  • バッテリー:3500mA(ミリアンペア)以上

ゲームをする人

  • CPU :Qualcomm Snapdragon(クアルコム スナップドラゴン)700番台、800番台
  • メモリー:6GB(ギガバイト)以上
  • ストレージ:64GB以上
  • 液晶ディスプレイ:有機EL
  • 充電端子:USBタイプC
  • バッテリー:4000mA(ミリアンペア)以上

各社ホームページに記載されている仕様表と照らし合わせてみてください。

シャオミの場合を例にします。

シャオミホームページ画像

https://www.mi.com/jp/redmi-note-9s/

詳しく選び方についてまとめた記事もありますので参考にしてください。

あわせて読みたい

今回はスマホ初心者の方でもわかりやすいように、中華スマホの選び方について毎度おなじみ海外長期滞在経験がある著者が詳しく解説します。 スマホの選び方教えて簡単に 直球の質問だな、いいだろう伝授しよう どーもハトマメです。@[…]

サムネ

おすすめの機種

Mi Note 10

Mi Note 10

https://www.mi.com/jp/mi-note-10/

Reno3 A

Reno3 A

https://www.oppo.com/jp/smartphone-reno3-a/specs/

詳しく説明すると長くなるので今回はとりあえずこれ買えば間違いないものを選びました。

詳しいおすすめの解説はこちらからどうぞ。

あわせて読みたい

カア、カア、カア(中華スマホ多すぎてどれ選んだらいいのかよくわからん!) よかろう、お教えしましょう! どーもハトマメです。@hatomamedesuga 中華スマホ、たくさん出てますよね、その中から何を選べばいいんでし[…]

おすすめ中華スマホ

中華スマホのデメリットは?

ハトのイラスト

その一、おサイフケータイが使えないものが多い

はいそうなんです。

おサイフケータイは日本独自のサービスなんでついていない機種が多いです。

その二、防水機能がついていないものもある

アンドロイドスマホは当然防水ついているでしょ!

と思っている方は注意です。

コスト削減のためか、中華スマホは防水機能がないモデルも珍しくありません。

その三、サポートが受けにくい

正規代理店販売品やキャリアのショップで購入したものは大丈夫だと思いますが、

個人輸入で購入したものはほぼサポートは受けられないでしょう。

個人輸入のサポート問題および選び方についてはこちら

あわせて読みたい

個人輸入挑戦してみようかな おっ、新しいことへ挑戦することはいいことだよでも気を付けないといけない点ももあるから注意しよう どーもハトマメです。当ブログへようこそ。@hatomamedesuga 中華スマホを安く買う方法[…]

サムネ

その四、技適、通信対応電波に注意

後に解説しますが、

技適マークがないものは使っただけで違法になりますし、

物によってはキャリアの電波が対応していないものもあります。

電波問題についてはこちらをご覧ください。

あわせて読みたい

スマホのバンドって何? バンド(周波数帯)とは一言でいえば通信電波の種類。特にSIMフリースマホを買う場合は必ず確認しなければいけない項目だ。 通信電波にも種類があり、スマホごとに受信できる電波に違いがあることはご存じでしたか[…]

GPS問題

個人輸入の場合はGPSに注意です。

なぜなら日本と中国ではGPSの規格が違うからです。

物によっては日本でも問題なく使えたり、

使えなかったりするので購入する前に確認されることをお勧めします。

充電器問題

これも個人輸入される方限定の問題ですが、

充電プラグが日本向けになっていないものもたまにあります。

今ではほとんどが日本のプラグと同じものが使われていますが念のため確認するようにしましょう。

詳しい記事はこちらをどうぞ

あわせて読みたい

なんかスマホの充電遅いんだけど あっ、急速充電を使えてないみたいだね。せっかく対応しているんだから使ってあげよう。 どーもこんにちは、ハトマメです。@hatomamedesuga 皆さん、急速充電使えてますか? […]

中華スマホはどこで買えるの?

結論:

  1. キャリアのショップで買う
  2. インターネットで買う
  3. 個人輸入する
  4. 中国本土で買う

初心者におすすめなのは1番と2番です。

さらに詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ

あわせて読みたい

よし!中華スマホ買いにキャリアのショップに行ってこよう ちょっと待った!本当にその方法でいいのかな? どーもハトマメです。@hatomamedesuga あなたがもしスマホを買いに行くとしたらどこに行きますか? キ[…]

おすすめの購入方法
あわせて読みたい

個人輸入挑戦してみようかな おっ、新しいことへ挑戦することはいいことだよでも気を付けないといけない点ももあるから注意しよう どーもハトマメです。当ブログへようこそ。@hatomamedesuga 中華スマホを安く買う方法[…]

サムネ

中華スマホは安心できるのか

雀のイラスト

おそらく多くの人が気になるのはここでしょう。

実際はどうなのか?

解説します。

品質

結論:しっかりした大手メーカーの物なら問題ない。

まずはこのグラフを見てください。

・2020年Q1のスマホ世界シェアTOP5

  1. サムスン (samsung) 21.2%
  2. ファーウェイ ( Huawei) 17.8%
  3. アップル (Apple) 13.3%
  4. シャオミ (Xiaomi) 10.7%
  5. ヴィヴォ (vivo) 9.0%

https://www.idc.com/promo/smartphone-market-share/vendor

サムスンとアップル以外は全部中国のメーカーです

これだけ世界で支持され、業績もあるので使っていて大きな問題はほぼ起きません。

また、内部に使っている部品は意外にも日本製や米国製の物が多いです。

しかし、無名メーカーの中には想像通りの品質の物もありますのでそこは注意が必要です。

筆者も中華スマホを長年使っていますが、実は壊れた経験は一度もありません。

安さの理由

結論:利益率が低いから

各メーカー利益率のグラフ

グラフを見ればわかると思いますが、

各社の中で圧倒的にアップル社の利益率が高いです。

それに対し中華スマホメーカー、シャオミ(黄色い線)を例にしますが、利益率は何と約5%。

一台売っても大した利益はありません。

なので安いことで大量に売って、それでもうけを出そうという戦法です。

けして品質を落として安くしているわけではありません。

日本でも使えるの?

結論:日本正規代理店販売の物なら問題ない

通信事業者から購入したものや、ネットの正規代理店から購入したものはほとんどの場合、

日本の通信環境に合った設定がされているので問題ありません。

しかし個人輸入で購入する場合は注意が必要です。

個人輸入で購入する場合は日本の通信環境に合わない場合があります。

それと技適マークがついていないものは違法になりますので注意しましょう。

技適マーク

中華スマホの危険性は?

結論:90%以上問題ない

よく中華製スマホの個人情報流出問題がささやかれていますが、

これは政治的な問題もあり、信憑性もはっきりしません。

ただ確かなのは、私の知る限りその問題でえらい目にあった人はいないことです。

個人情報の収集はどのメーカーもやっています。

そうしなければ適切なサービスを提供できないからです。

これは個人的な意見ですが、

国やメーカーに関係なく、個人情報を知らせることで少しばかりのリスクはつきものです。

100%とは言いません、でも90%以上大丈夫です。

これは全世界すべてのメーカーに言えることだと思います。

ただ、どうしても中華スマホが心配で信用できない方は使用しないようにしましょう。

物は生活を豊かにするもので、ストレスを与えるものではありませんから。

まとめ

鳥のイラスト

中華スマホの全貌、お分かりいただけましたでしょうか?

この世界は私たちに全く新しい刺激的なことをもたらしてくれます。

ぜひチャレンジしてみてください!

今回は詳細版でかなり長くなりましたがこれさえ分かっていればあなたも中華スマホマスターです。w

もっと短く、とにかく要点だけ短くまとめた【簡易版】今回の記事が長いと感じた方はそちらをご覧ください。

ではまた。


最新情報をチェックしよう!