損してない?中華スマホのお得な購入方法


よし!中華スマホ買いにキャリアのショップに行ってこよう

ちょっと待った!本当にその方法でいいのかな?

どーもハトマメです。@hatomamedesuga

あなたがもしスマホを買いに行くとしたらどこに行きますか?

キャリアのショップ?ネット通販サイト?個人輸入?

同じスマホでも買う場所によっては値段が数万円も違うことも!

スマホ選びも重要ですが、購入方法も考えなくてはいけません。

今回はキャリアショップ、ネット販売サイト、個人輸入、現地調達など、

すべての購入方法を経験した私が一番おすすめな中華スマホ購入方法をまとめました。

なお、機種の選び方や、そのほか基本的な知識はこちらの記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい

中華スマホにチャレンジしたい。詳しくわかりやすくいろはを教えてくれ! よろしい!お答えしましょう!! どーも初めましてマメと申します。(@hatomamedesuga)当ブログへようこそ! 今回は海外に長期滞在している私[…]

結論:一番おすすめなのは現地調達

中国地図のイラスト

いきなり結論から書きましたが、

安くかつ、しっかりとしたサポートを受けたい場合は現地中国に行って買ってくるのが一番いい方法です。

値段:★★★★★
サポート:★★★★★
利便性:★

現地調達のメリット:

  • 多くの場合値段が日本より安い
  • メーカーの直販店ならサポートがしっかりしている
  • 日本で未発売の機種も手に入る

値段は為替によりますが、多くの場合は日本で売られている値段よりも安いです。

シャオミのMi Note 10を例にすると:

・日本のアマゾン:58080円

・中国のシャオミ直営店:2599人民元=約40000円

(値段と為替レートは20年7月現在の物)

なんと約18000円も値段が違います。

「でも中国はサポートがひどいんでしょ?」

と懸念している方。

安心してください。

サポートに関しても7日間返品保証があり、7日以内でしたら無条件で返品可能です。

さらに電話やチャットによるサポートも行っており、使い方や何か疑問があったらきちんと答えてくれます。

著者も利用したことがあるのですが、しっかり丁寧にやさしく対応してくれました。

シャオミのみならず、ほかのメーカーも同じでした。

中国はサポートが悪いという印象がありますが、

しっかりした大手メーカーなら日本と変わらないサポートを受けることができます。

でもさ、

ん?

んなことできるのお前くらいじゃん

はい、もうお気づきですね、

いくらお得でもこの方法は非現実的です。

私のように常に中国と行き来しているような人にしかその恩恵を受けられないです。

もし旅行のついでだったらいいかもしれません。

現地調達のデメリット:

  • 非現実的
  • 交通費を合わせたら割高
  • サポートは基本中国語か英語
  • 技適マーク問題

なのでここからほかの中華スマホ購入方法についてお話しします。

個人輸入

トンビのイラスト

値段:★★★★
サポート:★★
利便性:★★★★★

海外の通販サイトや、専門のサイトで購入する方法です。

個人輸入のメリット:

  • 値段が安い
  • 普通の通販サイトと同じ感覚で購入できる
  • 日本未発売機種も買える
  • サポートも日本語で受けられるサイトが多い

デメリット:

  • サポートが悪い(サイトによる)
  • 支払いは基本米ドル
  • 関税で追加料金を取られる場合がある
  • 技適マーク問題

個人輸入は基本的に自己責任です。

値段の安さと引き換えに技適マーク問題、サポート問題、粗悪品をつかまされるなどある程度のリスクがついてきます。

ただ、注意するところをしっかり守っていれば問題ありません。

大事なことはサイト選びです

サイトの選び方

鳥のイラスト

まずどのサイトが良心的でどのお店が問題ないか見分ける方法はありません。

買ってみてからしか分からないのです。

ですが万一、粗悪品をつかまされたとしても返品や交換対応をしてくれれば問題ありません。

なのでサポートは非常に重要な評価ポイントです。

見分ける方法は:

  • 返品保証がしっかりと明記している
  • 返金するまでの日数など具体的な数字が書いてある
  • 日本語で対応してくれる
  • 強い表現で「返品は基本受け付けない」と書いてあるサイトは要注意
  • 「返品は受け付けるが、あくまでも例外」のような表現で書かれているサイトも要注意

なかなかアマゾンのようなやさしい返品規定を設けている店は少ないのですが、

最低限でも不良品や、違う物が送られてきた場合に返品に応じてくれるかどうか確認しましょう。

著者の経験上、個人輸入サイトの中でもリスクが低く、ある程度サポートもよい、実績があるおすすめサイトをこれから紹介します。

おすすめ個人輸入サイト

詳しい体験談や、店のレビューはこちら

関連記事

個人輸入挑戦してみようかな おっ、新しいことへ挑戦することはいいことだよでも気を付けないといけない点ももあるから注意しよう どーもハトマメです。当ブログへようこそ。@hatomamedesuga 中華スマホを安く買う方法[…]

サムネ

日本の販売サイト

日本地図

値段:★★
サポート:★★★★★
利便性:★★★★★

メリット:

  • 安心、安全
  • 技適マークがついている(正規代理店品)
  • サポートがしっかりしている

デメリット:

  • 値段が割高
  • メーカーすべての機種が販売されているわけではない

日本のアマゾンや楽天で正規代理店品を購入する方法ですが、一番安心で確実です。

発送は迅速ですし、サポートも問題ありません。

個人輸入を経験すると自分がどれだけ恵まれた環境にいるのかを実感させられます。

ただやはりネックなのは値段。

最初でも言いましたが、

同じ機種でも日本の販売サイトは割高で売られているし、販売機種も中国本土と比べたらまだまだ少ないです。

これからどんどん増えていくことを期待しましょう。

もしキャリアのショップと変わらないような値段でしたら、アマゾンなどでSIMフリーモデルを購入することをお勧めします。

SIMロックもかかってないし、対応電波周波数も多い、余計なアプリも入っていないからです。

キャリアのショップ

スマホを見せる人のイラスト

値段:★★
サポート:★★★★★
利便性:★★★★

おそらくこれが一番メジャーな購入方法でしょう。

多くの人はスマホ買う=キャリアショップに行くことですから。

ただ私はあまりあススメしていません。

理由は店頭で買うといろいろ手数料やら頭金やら取られるうえに、

スマホにはSIMロック、対応周波数の削減、余計なアプリまで入っているからです。

ただ一つの例外は除きます。

それは型落ちの機種、乗り換えキャンぺーや、各種キャンペーンを行っている時には爆安になる場合があります。

昔でいう機種代金0円のようなことです。

最安値で100円以下なんてこともありました。

そのときちょうどほしい機種が安くなっているときは逆に一番おすすめな方法です。

ただいろいろな複雑な条件もあるのでも店員にしっかり確認を取ってから買うようにしましょう。

まとめ

いろいろ言ってるけど結局何がおすすめ?

・とにかく安く済ませたい人=個人輸入

・サポートを重要視している人=日本のアマゾンなどでSIMフリーモデルを購入

・キャリアでキャンペーンを行っている場合=キャリアショップ

・迷っている人=アマゾンへGo

以上中華スマホの購入方法まとめでした。

私は今でもスマホはキャリアのショップでしか買えないと考えている人がたくさんいることに驚いています。

スマホは意外にもいろんな場所でいろんな値段で売られています。

この記事を通して自分に合ったスマホを安く手に入れるお手伝いが出来たらうれしいです。

では。


おすすめの購入方法
最新情報をチェックしよう!