グーグルアドセンスに合格するために行った改善点


どーもハトマメです。@hatomamedesuga

ようやくです。

ようやく第一の関門を突破しました。

ツイッターでも告知した通り、おかげさまでグーグルアドセンスに合格しました。

収益化には絶対に欠かせないグーグルアドセンスですが、年々審査が厳しくなっており、私を含めた多くの方が苦戦しています。

この記事では「アドセンス合格したぜウェーイ」と自慢をしたいのではなく、せっかくなので

  • 審査の基準
  • どの点を改善したのか
  • 合格したまでの期間
  • 合格へのアドバイス

などを伝えていきます。

合格に苦戦している方へ参考になる内容だと思いますので是非ご覧ください。

合格までの期間

合格だるま

私がかれこれブログを始めたのは2か月前。

今日まで記事数は39、毎日更新が目標でしたがなかなか達成できず、

それでも時間がないときはサイトの改善や読み込み速度の改善など毎日ブログには触れてきました。

記事を書いているときは2時間以上、時間がないときでも最低30分はいじりましたね。

もうばれましたが、

私がアドセンス合格までに要した期間は2か月です。

長いととらえるのか短いととらえるのか意見はそれぞれですが、

私は平均よりちょっと長いくらいにとらえています。

ツイッターなどを見ると

「2記事で一発合格!」とか

「2週間で合格!」などと見かけますが、

そういう人たちはおそらく少数派でしょう、

著者もそういうツイートを見るたびにいかに自分が無能だとなえていましたが、

一般的には合格まで1か月以上かかる場合がほとんどで、数か月かかることも珍しくありません。

なのでなえずに地道にやっていきましょう。

申請回数

申請書のイラスト

ここで詳しくアドセンスに申し込んだ時期と回数を説明します。

申請日記事数結果不合格理由
6月30日10不合格サイトを審査できません
7月5日15不合格サイトを審査できません
7月11日20不合格サイトを審査できません
7月15日22不合格サイトを審査できません
7月19日25不合格サイトを審査できません
7月22日28不合格サイトを審査できません
7月25日30不合格サイトを審査できません
7月30日32不合格サイトを審査できません
8月2日35不合格サイトを審査できません
8月5日37不合格サイトを審査できません
8月8日38不合格サイトを審査できません
8月11日38合格
合計:12回

ご覧の通り初めは10記事で申請しました。10記事で申請が一つのラインといわれています。

審査は大体の場合3日程度、不合格の通知が来た瞬間に即再申請の繰り返し。

だが何回申請しても通らず、いくら改善しても通らず、何をしても通らず、

さらに不合格の理由もコロナの影響でサイトを審査できませんの一点張り。

「ちょっとぐらい教えてくれてもいいだろー」

とイライラが募り、爆発しそうになりました。

見てわかるように最後の方はやる気が失せて更新頻度が下がっています。

でも文句を言っても全く前に進みませんので、自分でちまなこになってサイトを改善し、地道にやった結果ついに12回目の申請で合格できました。

焦らないことも大事です。

具体的に行った改善点などは後に説明します。

完全になめていた自分

舌を出す猫の画像

私は正直合格するまでここまでかかるとは思っていませんでした。

普通のASP審査とあまり変わらないと思っていたんですね、

著者は主に書籍でアフィリエイトを勉強していましたが、最初はお金をケチって6年ぐらい前に出版された中古の本を買っていました。

その本には記事数さえあればアドセンスの審査がいかにも簡単そうに合格できると書いてあったので全く気にしておらず、

「10記事ぐらいあれば行けるっしょ」

と考えていたのがあだになりました。

おそらく昔はアドセンスの審査が簡単だったんでしょうね、何事も早めに行動したほうがいいということかもしれません。

アドセンスの審査基準

虫眼鏡のイラスト

グーグルは公には審査基準を公開していませんが、一般的に言われているのは、

  • 記事に独自性があるか
  • 文字数が多いか
  • ユーザビリティが高いか
  • 著作権やその他法律に違反しているか
  • 禁止コンテンツを書いているか

この中で一番重要なのは独自性とユーザビリティです。

他の項目は注意していれば引っかかることはほぼありませんし、改善も容易です。

私を含めた多くの人は独自性とユーザビリティで引っかかっており、その上改善もしにくいのが厄介なところです。

独自性改善のコツ

独自性とはつまり価値がある情報を提供しているかどうかということです。

コロナ以前では独自性がないブログに対して

「価値が低い広告枠」

という不合格理由を教えていたようで、

言い換えると

「お前のブログは見る価値がねえよ」

ということです。

もっとましな言い方ないのかよ、と突っ込みたくなるどぎつい言葉ですが、

似たような情報が書かれているサイトがネット上にたくさんあることをグーグルは嫌います。

「でもプロのブログと比べれば個人のブログの情報量が少ないのは当然だよ。」

と私も考えていました。

しかし、コツはあります。

自分の経験と意見です。

こればかりは誰もまねしようがありませんし、ユーザーも素直な意見を見たいと考えている人がほとんどです。

自分の経験にもとづいて、

いいものはいい、ダメなものはダメ、とはっきり言えるようにしましょう。

その時は理由も述べることも忘れずに。

でもほめるのは簡単でもダメだししたら商品が売れないのではないかと心配しがちですが、

その場合は向いている人、向いていない人の観点から説明すると書きやすいです。

こうすることでユーザーは「この人の言うことは信用できる」と徐々に思うようになり、結果独自性が上がるんです。

またランキングや比較を入れることも効果的です。

例えば商品を紹介している最中にほかの記事と内容が似ているなーと思ったとき、

自分の経験からほかの商品との比較や、ランキングをのせるとより独自性が上がります。

その比較やランキングはあなたの経験からしか書くことができないのですから。

ユーザビリティを高めるコツ

ユーザビリティが高いとは見やいブログのことです。

ユーザーが欲しい情報をすぐに見つけることができ、ストレスなくブログを見れることを指します。

主にサイトの構成や装飾がかかわってきますね。

初心者でも簡単に改善でき、効果が高い点は、

文字の装飾と画像、イラストを使う

文字の装飾といっても重要な主張は文字の色を変えたり、マーカーをひいたりするぐらいですが、

注意点は色を使いすぎないようにすることです。

一見カラフルだと見やすいように思いがちですが、「目がちかちかする」と感じる人が意外に多いです。

また、黄色など明るい色なども場合によっては見にくいと感じます。

私の場合使う色は赤と緑の2色のみです。

赤は一目でだれが見ても重要な部分と分かりますし、緑を見て不愉快になるケースはあまりありません。

色を選ぶときは文字が見やすく、なるべく明るすぎない色。そして多くても最大3色までにすることをおすすめします。

画像やイラストに関しては、

見出しの下に必ず入れるようにしています。

これから何を述べるのか大まかなことがわかるような画像やイラストを入れることで文字しかない記事と比べてユーザビリティを高めることができます。

これも注意点としては入れすぎないこと。

入れすぎるとサイトが重くなったり、逆に見づらくなるので見出しの数と同じか、少し少ないぐらいがちょうどいいでしょう。

また画像に関しては著作権の問題もあるので著者は

ASPの商品画像、無料サイトの画像とイラストのみを使用しているようにしています。

今のところこれで違反をくらったことはありません。

自分が行った改善点

椅子に座る人のイラスト

私自身が行った改善点は主に以下の点です。

  • お問い合わせフォーム、サイトマップの設置
  • メニューバーの改善
  • 箇条書きや話し言葉を使う
  • サイト読み込みスピードの改善
  • 文字数
  • 価値が低い記事の削除
  • SEO対策の強化

ご覧の通り改善したのは独自性とユーザビリティの二点だけです。

独自性の改善点

まず独自性に関しては、先ほど話したコツに加えて、

あまり固すぎない表現で書く

ことに注意しています。

つまり話し言葉を多用し、あまり名詞をたくさん使わないようにしてるということです。

これはコピペの文章だと認識されないようにする工夫で、

自分ではコピペしていないのに知らず知らずのうちに他と似ているような文章を書いていることがよくあります。

ネット上の文章は星の数ほどありますからね、

もちろんグーグルからコピペしていると判断されてしまったら一発アウトです。

また箇条書きや表などを多用することによってわかりやすくし、他のサイトとの差別化を図っています。

文字数に関してもどうやらグーグルは見ているようで、あまりにも少なすぎるとダメだしされるケースもあるようなんですが、

正直文字数に関しては正解はありません。

一般的に言われているのは最低でも600文字以上、理想は2千字以上3千字以下とされています。

文字数が多すぎるのも情報過多と認識されダメになるようです、

厳しいですなグーグルさん。

私はこの文字数を目安に改善しましたがどうやらうまくいったようです。

ユーザビリティの改善点

まず改善したのはサイト下に合ったお問い合わせフォーム、サイトマップなどをメニューバーにも表示させたことと、

価値が低い記事を削除したことです。

ブログはじめたての頃、練習を兼ねて日記のような記事を10本ぐらい書いていたのですが、正直あまり意味がないので削除しました。

またサイトのスピード改善にも取り組み、JavaやCSSの改善、画像の表示形式などを有料のプラグインを使ってまで改善しました。(実はまだ改善途中)

さらにはそれまで適当にやっていたSEO対策もできるところは改善しまくりました。

具体的には

  • サイトタイトルの見直し
  • meta descriptionを書く
  • パーマリンクの設定改善
  • タグの追加
  • 画像の代替テキストの設定

などなど当たり前のことができておらず、すぐにやり直しました。

SEO価値が高い=グーグルに好かれるサイトだと思ったからです。

時間も使った

この2か月間色々と四苦八苦しましたが、できるところはすべて改善し、全力を尽くしましたがそれでも合格できない時期がありました。

正直つい最近はもう投げやり状態で、後はアクセスを増やすしか方法がないのではないかと考えました。

でもここ一週間ぐらい何も改善していないのにいきなり合格通知!

ツイッターでも言っている人もいましたが時間が解決してくれる一面もあります。

焦ったら負けなんですよね、

よくある質問

疑問のペンギンイラスト

アドセンスに合格するためにはASPに入らない方がいいのか?

この意見には賛否両論ありますが、今のところ否定的な意見が多いです。

著者自身も審査時に2つほどASPに入っていましたが合格できました。

しかし、だからと言ってたくさん入りすぎるのもよくありません。

画像を使うとダメなのか?

ダメというわけではありません。むしろ使わないとユーザビリティが低いと判断され、合格できにくくなります。

著者の場合使用する画像はASPの物とフリー素材のみで、枚数も見出しの数と同じくらいです。

他のサイトから無断で引っ張ってきたものや、明らかに著作権違反の物はダメですし、引用もなるべくしない方がいというのが私の意見です。

独自ドメインの方がいいのか?

この点も賛否両論がありますが、

著者の意見は

独自ドメインの方がベターです。

独自ドメインとは自分でサイトのアドレスを決められることで、主に有料ブログサービスやワードプレスを使い自分でレンタルサーバーを借りるとできる機能です。

著者自身も自分でレンタルサーバーを借りてワードプレスを使いブログを製作していますが、

必ず独自ドメインでなければ合格できないというわけではなく、

独自ドメインの方が合格しやすいかもね

程度で認識してください。

まとめ

チアリーダーのイラスト

私なりに色々とまとめましたがいかがだったでしょうか。

著者自身もこのアドセンス合格するまでには本当に苦戦しました、

ツイッターでよくすごい人たちが一発で合格していく中、自分はなんて無能なんだろうと自暴自棄にもなり、

一時期はもうブログをやめようかなと思ったほどです。

でも苦戦した分だけ合格した時の感動も大きいものでした。

あまり他人と比較せず、毎日自分のベストを尽くせばあとは時間が何とかしてくれます。

中には合格まで半年かかった人もいるので、焦ったら負けです。

少しずつ前進すれば必ず合格できます。

でも合格してもゴールではありません。スタート地点に立っただけです。

これからが大事なのでどんどん前進し、ブログを多きく育てるように頑張ります!

では今日はこのあたりで。


サムネ
最新情報をチェックしよう!