【20年7月最新】海外長期滞在者激選!中華スマホ おすすめ|技適マーク付き、用途別


カア、カア、カア(中華スマホ多すぎてどれ選んだらいいのかよくわからん!)

よかろう、お教えしましょう!

どーもハトマメです。@hatomamedesuga

中華スマホ、たくさん出てますよね、その中から何を選べばいいんでしょうか?

何も考えずにテキトーに選んだら、

粗悪なものをつかまされたり、最悪電波が入らず使えなかったりすることも!

今回は長い海外生活でたくさんの中華スマホを使ったことがある著者がその経験をもとに用途別におすすめ中華スマホを激選いたしました。

  • 安くて良いものを選びたい
  • 用途別に選びたい
  • 技適マークがついているものがいい

という人のためになるべく詳しく、わかりやすくまとめました。

なお、値段は20年7月現在の物です。

またドコモのBand 19対応に特化したおすすめスマホをまとめた記事もございますので、あわせてどうぞ。

あわせて読みたい

海外長期滞在者が厳選!ドコモプラチナバンド(Band19)対応おすすめ中華スマホ。 ドコモ!ドコモ!私はドコモ信者!いえぇい!! あっ、そうすか、 どーもハトマメです。@hatomamedesuga 中華スマホを選[…]

サムネ

中華スマホのメリット、デメリット

飛ぶトキのイラスト

中華スマホのメリットは

  • 同じ性能の物と比べて値段が安い
  • 斬新な技術を体験できる
  • イヤホンジャックがついているものが多い
  • 選択肢が多い
  • 目立つ存在になれる
  • SIMカードが二枚させる(機種による)

デメリットは

  • おサイフケータイが使えないものが多い
  • 防水機能がついていないものもある
  • サポートが受けにくい
  • 技適、通信対応電波に注意

技適、バンド(周波数帯)に注意

日本の法律で技適マークがついていないスマートフォンは使用してはいけないことになっています。購入する前に必ず確認しましょう。

なお、今回の記事で紹介するスマホはすべて技適マークがついています。

技適マーク

バンドにも注意しましょう。

自分の使いたい通信会社のバンドに対応しているか事前に調べてください。

でないと電波が受信できないような問題が起きてしまします。

何を言っているのかわからない方。

こちらの記事を参考にしてください。

あわせて読みたい

中華スマホにチャレンジしたい。詳しくわかりやすくいろはを教えてくれ! よろしい!お答えしましょう!! どーも初めましてマメと申します。(@hatomamedesuga)当ブログへようこそ! 今回は海外に長期滞在している私[…]

あわせて読みたい

スマホのバンドって何? バンド(周波数帯)とは一言でいえば通信電波の種類。特にSIMフリースマホを買う場合は必ず確認しなければいけない項目だ。 通信電波にも種類があり、スマホごとに受信できる電波に違いがあることはご存じでしたか[…]

選び方

中華に限らず、スマホを選ぶ際は以下の項目を確認しましょう。

対応バンド

バッテリー

充電端子

CPU

ディスプレイ

メモリー

ストレージ

項目の説明

どのような構成がいいのかは用途別に説明します。

また詳しく知りたい方はことらの記事をどうぞ。

あわせて読みたい

今回はスマホ初心者の方でもわかりやすいように、中華スマホの選び方について毎度おなじみ海外長期滞在経験がある著者が詳しく解説します。 スマホの選び方教えて簡単に 直球の質問だな、いいだろう伝授しよう どーもハトマメです。@[…]

サムネ

とりあえずこれで間違いない、無難編

あまり深く考えたくない、無難なものがいい、バランスが取れたものがいい人向けのスマホです。

Mi Note 10(イチオシ!)

Mi Note 10

値段:57398円~

  • :Qualcomm Snapdragon 730G
  • :6GB
  • :128G
  • :有機EL 2340 x 1080 FHD + 398 PPI
  • :USBタイプC
  • :5260 mAh

  • GSM:B2/B3/B5/B8
    WCDMA:B1/B2/B4/B5/B6/B8/B19
    FDD-LTE:B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B18/B19/B20/B26/B28
    TDD-LTE:B38/B40
  • Antutu最高スコア:263900

特徴

  • バランスがいい
  • カメラ性能が最高
  • 大型バッテリー搭載
  • イヤホンジャック付き
  • 3キャリアのプラチナバンドに対応
  • Gpay対応

気になった点

  • 少し厚みがある。
  • 若干重め

CPU、カメラ、どれもバランスがよく取れた著者が一番おすすめなスマホ。

1億画素のサムスン製カメラをはじめ、超広角、ズーム、マクロ計5つのカメラを搭載。

すべての距離、すべての場面での撮影に対応。

カメラにこだわりたい人にはもってこいです

バッテリーは超大容量の5260 mAhちょっとしたモバイルバッテリーです。

この容量で足りない人はまずいないでしょう。

著者が推すおすすめ中華スマホです。

oppo Reno 3 A

oppo Reno 3 A

値段:38500円~

  • :Qualcomm Snapdragon 665
  • :6GB
  • :128G
  • :有機EL 2400 x 1080 FHD +
  • :USBタイプC
  • :4025mAh

  • GSM:850/900/1800/1900MHz
    WCDMA:B1/B2/B4/B5/B6/B8/B19
    FDD-LTE:B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B18/B19/B20/B26/B28
    TDD-LTE:B38/B39/B40/B41
  • Antutu最高スコア:175000

特徴

  • おサイフケータイ対応!!!
  • 防水
  • イヤホンジャック付き
  • 比較的薄く軽量
  • リーズナブルなお値段

気になった点

  • ゲームをする人は少しスペックが足りないかもしれません。

中国本土でも絶大な人気を誇るoppo Renoシリーズ。

最大の特徴はおサイフケータイ対応、しかも防水仕様。

日本人にやさしいスマホに仕上がっています。

また比較的薄型、175gで軽量なので女性にもお勧めできる機種になっています。

ゲームをする人、ハイエンド、ロマン編

ゲームをする人におすすめなスペック

  • :Qualcomm Snapdragon 700、800番台と同等の物
  • :6GB(ギガバイト)以上
  • :64GB以上
  • :有機EL
  • :USBタイプC
  • :4000mA(ミリアンペア)以上

Huawei P40 pro

Huawei P40 pro

値段:108800円~

  • :Kirin990
  • :8GB
  • :256G
  • :OLED、DCI-P3 リフレッシュレート ❘ 最大90 Hz 2640 x 1200ピクセル
  • :USBタイプC
  • :4200mAh

  • GSM:850 / 900 / 1800 / 1900 MHz
    WCDMA: B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
    FDD-LTE:B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 12 / 17 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28 / 32
    TDD-LTE: B34 / 38 / 39 / 40 / 41
    5G NR: n1 / n3 / n7 / n28 (TX: 703-733 MHz, RX: 758-788 MHz) / n38 / n41 / n77 / n78 / n79
  • Antutu最高スコア:457000

特徴

  • 何をとっても最高のスペック
  • ロマンの塊
  • 何も言うことはない

気になった点

  • グーグル問題(本当にこれさえなかったらなあ)

本当にこのモデルについては何も言うことはありません。

CPU、メモリ、ディスプレイ、カメラ、どれも最高のものがついています。

ゲームだろうがなんだろうが何でもこなします。

これでスペック不足と感じる人はパソコンを買いましょう。

それぐらいの物です。

oppo Find X2 Pro

oppo Find X2 Pro

値段:92040円

  • :Qualcomm Snapdragon 865
  • :12GB
  • :512G
  • :有機EL 3168 × 1440(QHD+)120Hz
  • :USBタイプC
  • :4260mAh
  • :auバンド
  • Antutu最高スコア:606389

特徴

  • クアルコム社製最上位CPU、スナップドラゴン865搭載
  • 5G対応
  • カメラは10倍ハイブリッドズーム、最大60倍までズーム可能
  • 大容量12GBメモリー
  • 異次元の性能

気になった点

  • 販売はauからのみ、技適付きのSIMフルーモデルなし。(20年7月現在、著者が調べた限りでは)

こちらもかなりハイスペックモデルで、

すべてのユーザーの要求を満たしてくれるでしょう。

このモデルはグーグルが入るので、ファーウェイが嫌な人はこっちを買いましょう。

一般用途、2万円台、ミドルクラス編

一般用途ののおすすめスペック

  • :Qualcomm Snapdragon 600、700番台と同等の物
  • :4GB(ギガバイト)以上
  • :64GB以上
  • :FHD+以上
  • :USBタイプC
  • :3500mA(ミリアンペア)以上

Redmi Note 9S

Redmi Note 9S

値段:24800円~

  • :Qualcomm Snapdragon 720G
  • :6GB
  • :128G
  • :DotDisplay 2400 x 1080 FHD+
  • :USBタイプC
  • :5020mAh

  • GSM: B2/3/5/8
    WCDMA:B1/2/4/5/6/8/19
    TDD LTE:B38/40/41
    FDD LTE:B1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28
  • Antutu最高スコア:269330

特徴

  • サブブランドの特徴を生かした低い値段設定
  • 性能はハイエンドクラスに迫る物
  • 大容量バッテリー搭載
  • 指紋認証は電源ボタンと一体
  • イヤホンジャック付き

気になった点

  • NFCなし(非接触型決済には非対応)

Redmiはシャオミのサブブランドです。

中国本土でもしばしばとてつもないコスパの良いものを出して話題を呼んでいます。

私は正直この性能でここまで低い値段の物を他に知りません。

ゲームをしない一般用途なら十分事足りる性能です。

oppo A5 2020

oppo A5 2020

値段:20448円~

  • :Qualcomm Snapdragon 665
  • :4GB
  • :64G
  • : Multi-touch Capacitive Screen 1600 × 720
  • :USBタイプC
  • :5000mAh

  • GSM: 850/900/1800/1900MHz
    WCDMA: Bands 1/2/4/5/6/8/19
    FDD-LTE: Bands 1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28
    TD-LTE: Bands 38/39/40/41
  • Antutu最高スコア:168316

特徴

  • 4眼カメラを搭載
  • 最新式のビデオ手振れ補正を搭載
  • トリプルSIMスロット(SIM 2枚+SDカードを同時にさせる)

気になった点

  • 画面の解像度が少し低い
  • 突出し特徴がない(個人的な意見)それだけ無難ってこと

2020年最新モデルです。

最大の特徴はこの値段で4眼カメラ、しかもトリプルSIMスロット搭載。

トリプルスロットはマニアの方には地味にうれしい仕様です。

Huawei nova lite 3+

Huawei nova lite 3+

値段:26364円~

  • :Kirin710
  • :4GB
  • :128G
  • :TFT 2340 x 1080
  • :Micro USB
  • :3400mAh

  • FDD LTE:B1 / 2 / 3 / 8 / 17 / 18 / 19
    TDD LTE:B41 (2545 ~ 2655 MHz)
    WCDMA:B1 / 2 / 5 / 6 / 8 / 19
    GSM:850 / 900 / 1800 / 1900 MHz
    キャリアアグリゲーション対応、auVoLTE対応
  • Antutu最高スコア:170644

特徴

  • 長期間定評があるHuawei nova liteシリーズの最新モデル
  • 以外にも性能はお値段以上
  • 大容量ストレージ
  • イヤホンジャック付き

気になった点

  • グーグル問題
  • 充電端子がMicro USB

日本のSIMフリースマホの普及に大きな貢献をしたHuawei nova liteシリーズの最新モデルです。

中国本土でも不動の人気があり、ミドルクラススマホの定番です。

ただ、グーグル問題があるので初心者の方にはあまりお勧めしません。

とにかく安い、1万円台編

UMIDIGI A5 Pro

UMIDIGI A5 Pro

値段:15969円~

  • :Helio P23
  • :4GB
  • :32G
  • :水滴型ノッチ付きディスプレイ 2,280 × 1,080
  • :Micro USB
  • :4150mAh

  • WCDMA B1 / B2 / B4 / B5 / B6 / B8 / B19
    FDD-LTE B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B12 / B13 / B17 / B18 / B19 B20 / B26 / B28A / B28B
    TDD-LTE B38 / B40 / B41
  • Antutu最高スコア:104555

特徴

  • 4150mAhバッテリーを搭載
  • メモリー4GB
  • 顔認証付き
  • 技適マークあり
  • イヤホンジャック付き

気になった点

  • au電波についての情報が不確定
  • 充電端子がMicro USB

このモデルはUMIDIGIの中でも評価が高く、使いやすいと評判の機種です。

ただ販売ページを見るとauは使えないと表記がありましが、

auバンドには対応しています。

評価を見ると使える人と使えない人がいるようで明確な情報はありません。

au系のキャリアを使用している人は注意が必要です。

OUKITEL C15 PRO

OUKITEL C15 PRO

値段:10499円~

  • :MT6761
  • :3GB
  • :32G
  • :FHD+
  • :Micro USB
  • :3200mAh

  • GSM :B2/B3/B5/B8
    WCDMA :B1/B2/B4/B5/B8
    FDD-LTE :B1/B3/B7/B8/B20
  • Antutu最高スコア:66236

特徴

  • とにかく安い
  • 技適マークあり
  • ネットサーフィンぐらいなら問題ない
  • イヤホンジャック付き

気になった点

  • 固体の当たりはずれがある。
  • 対応バンドが少ない
  • 充電端子がMicro USB

このスマホはお勧めに入れましたが、

固体による当たり外れが激しいらしく、

外れをひいた場合は使い物になりません。

購入する場合は注意しましょう。

あたりをひけばかなり使いやすく、ネットを見る分なら問題ありません。

チャレンジャーな方は挑戦してみてくださいw

まとめ

鳥のイラスト

いかがでしたか?

中華スマホたくさんあって選ぶのに困る人はたくさんいます。

おすすめ中華スマホを用途別に解説してほしい意見もありましたので今回はわかりやすさを重点に解説しました。

あなたのスマホ選びの助けになったらこれほどうれしいことはありません。

またドコモのプラチナバンドBand 19対応のおすすめスマホもまとめましたのであわせてどうぞ。

あわせて読みたい

海外長期滞在者が厳選!ドコモプラチナバンド(Band19)対応おすすめ中華スマホ。 ドコモ!ドコモ!私はドコモ信者!いえぇい!! あっ、そうすか、 どーもハトマメです。@hatomamedesuga 中華スマホを選[…]

サムネ

ではまた。


おすすめ中華スマホ
最新情報をチェックしよう!