プラン見直しだけじゃない!スマホの節約術を詳しく解説


スマホの代金安くならないかな、またプランでも見直すか

目先のお金だけではなく長期的に見てお得な方法を選択したほうがいいよ

どーもハトマメです。@hatomamedesuga

スマホの出費結構しますよね、

プランの見直しや格安SIMへの乗り換えなど様々な方法がありますが

実はあまり知られていないもう一つの方法があることはご存じですか?

それをうまく利用すれば1年で数万円も節約でき、生涯で数百万円も節約できます!

節約する方法を多く知っておけばそれだけお金を節約でき、今までお金がなくてできなかったあんなことやこんなことももう我慢しなくてよくなります。

今回はたくさんのキャリア、格安SIMなどいろいろな節約方法を経験してきた著者が初心者でもわかりやすいように詳しく解説しました。

2パターンの節約方法

アヒルのイラスト

節約方法は主に分けて二つあります。

  • データ通信の節約
  • ハードウェアの節約

スマホの節約!と聞いて多くの人はプランの見直しや、格安SIMへの乗り換えなどいわゆる月額料金の見直しといったデータ通信料金を節約することを頭に思い浮かべるでしょう。

これらもとても効果的な方法の一つですが、多くの人が見落としがちなのは

ハードウェアの節約です。

ハードウェアとはすなわちスマホ本体のこと。

同じ性能の物だったらもちろん安い方がいいですよね

使わないのに無駄にオーバースペックの物だったら自分にあったスペックの物を購入してその分のお金をタブレット購入などほかのことにも回した方が絶対に幸せになります。

具体的にはどうすればいいのか?

それぞれの方法を詳しく説明します。

月額料金を安くする方法

請求書のイラスト

スマホ節約の王道パターンは月額料金の見直しです。

具体的にはどうすればいいのでしょうか?

不要なオプションは解約する

スマホを契約される際、

「こちらのオプションは1か月間無料で、不要であればいつでも解約することができます。」

といわれた覚えはありませんか?

それは多くの場合、音楽サービスや映画サービスなどのコンテンツなので不要であれば速攻で解除しに行きましょう。

またスマホ乗り換えキャンペーンや機種代金無料の時に契約した場合、いろいろなオプションに加入した可能性が高いです。

ショップに行き契約内容を確認してから解約できるものはどんどん削っていきましょう。

また保障に関しては入る入らないと迷っている方が多く、

一つの目安は

「過去一年でスマホを壊したことがあるか」

で判断してください。

毎年のように必ずスマホを壊す人であれば入ったほうがお得です。

ほとんどスマホを壊さない人であれば入らない方がいいでしょう。

場合によっては普通に修理に出したほうが安上がりの時もあります。

料金プランを見直す

こちらも王道パターンの一つですね。

最初に入ったプランは必ずしも自分に合っているとは限りません。

数か月使用してみて

「超過料金を払っている月が多いなー」

と感じる場合はショップへ相談しに行きましょう。

毎月の請求には必ず目を通してください。

また新しいプランが出たときは必ずチェックしておきましょう

ショップのプランはいつも同じではありません。常に新しいプランが出続けています。

公式ホームページでなどでチェックし、安くなりそうだなあと感じたら相談しに行きましょう。

格安SIMへ乗り換える

全く同じデータ通信容量なのに月額料金が半分以下という近頃急速に成長してきたのが格安SIM(MVMO)です。

大手通信会社の電波を間借りするような方法で運営しており、縛りや各種ややこしいプランがないことが魅力的です。

昔は通信速度が遅いとか通信環境の質の問題が言われていましたが、近年ではだんだんと質も上がってきており、

「大手のキャリアと契約するのはばかばかしい」

という人も増えてきています。

著者自身も格安SIMの愛用者です。

ハードウェアを節約する

スマホの画像

以外と知られていませんが、スマホ本体でも節約することができます。

月額料金を節約することは短期的な節約、ハードウェアを節約することは長期的な節約です。

この二つを組み合わせれば審の節約術といえるでしょう。

具体的にはどういうことなのか?

解説します。

自分に合った端末を選択する。

自分に合った端末で一番性能がよくかつ安いものを選べば無駄に高いお金を出してオーバースペックの物を買わずに済みます。

このブログを見ているあなたはスマホを選ぶときどんな基準んで選んでいますか?

「何となく」

「店員にすすめられたから」

「みんなが使っているから」

こういう理由で選んでいる場合は要注意です。

明確な理由がないまま適当に選んだら

使わないのに無駄に値段が高いオーバースペックの物を買ってしまっている可能性があります。

かといって安い理由だけで粗悪なものを買ってしまったら安物買いの銭失いです。

重要なことは自分の用途に合ったものを選ぶこと。

普段自分はどいうスマホの使い方をするのかを認識し、それに合ったスペックの物を買うのがベストです。

これでうまくいけば5~7万円節約できます。

そのお金をタブレットなどほかに回した方がいいですよね。

「この機種じゃないと絶対に嫌だ」

「この機種じゃないと他人から下に見られる」

「ちゃんと理由があってこの機種を選んでる」

という人はいいかもしれませんが、

そうではない方はちゃんと節約しましょう。

しかし、多くの方はこのハードウェアの節約をしません。

なぜなら

専門的な知識がいるからです。

専門的な知識がないともちろん自分に合ったスマホを選べないし、何より難しそうで理解できない。

私も最初はそう考えていました。

でも安心してください。

スマホの料金プランの方がよっぽど複雑です。

実際はそんなに難しいことではありません、

ググってみて、ものの10分勉強するだけでいいのです。

このブログでも初心者向けに色々な解説記事がありますのでそちらも参考にして下さい。(後にまた紹介します)

さらにスマホ選びの知識を付けるだけでもっと大きなメリットがあります。

スマホは消耗品

知識を付けるだけで得られる最大のメリットは

長期的に節約することができる。

です。

スマホは消耗品です。

最初に長く使うつもりで高いものを買っても一生涯使うことはできません。

多くの場合バッテリーが劣化したり、落として割ってしまったり、ソフトウェアの更新で動作が重くなったり、セキュリティー面でも不安が出たりします。

たいていの人は2,3年で機種変更するようです。

仮に2年ごとに機種変更し、1回の変更で5万円節約できるとしたら

10年で25万円、30年で75万円は節約できます。

さらに月額料金を月5千円節約したとすると

10年で85万円、30年で255万円節約できます。

そこそこいい車が一台買えちゃうレベルですね。

たった10分程度専門知識を身に着けることでこんなにも違います。

自分に合った端末とは

スマホを持ったセールスマンのイラスト

自分に合った端末とは何なのか

その時する質問は一つです。

あなたはゲームをしますか?

ゲームをあんまりしないという方は

3万円台のスマホで十分です。

十分どころではないですね

十分すぎます。

ですので必死にお金をためて10万円以上する超ハイエンド機種を買う必要はありません。

ゲームをするよっ!という方

10万円クラスのスマホはあなたに合っています。

するかどうかわからないし、今後するかもしれない。

そういう方は5万円台で事足ります。

このように人に合ったスマホを選ぶ方法を初心者にもわかりやすくまとめた記事がございますので参考にしてみてください。

10分程度で読み終わるように書いています。

この知識を知ればあなたは車一台分のお金を節約できます。

めんどくさがらずにぜひ一歩踏み出してみてください。

タイトルは中華スマホの選び方になっていますが、基本的にはどのようなスマホにも応用できる知識です。

あわせて読みたい

今回はスマホ初心者の方でもわかりやすいように、中華スマホの選び方について毎度おなじみ海外長期滞在経験がある著者が詳しく解説します。 スマホの選び方教えて簡単に 直球の質問だな、いいだろう伝授しよう どーもハトマメです。@[…]

サムネ

まとめ

今現在非常に残念だと思うことはスマホを購入する際、多くの方はほぼある機種一択になっている点です。(具体的にどこの物とは言いませんが、)

さらに購入してもほぼその機能を使い倒すことができずに尽き好きの高い料金に苦しめられている。

だったらもっといい選択肢があるよということをこのブログを通してあなたに伝えたい。

もちろんこだわりやちゃんとした理由があってその機種を持っている人もいるので否定するつもりはさらさらありません。

この情報が少しでも役に立てればうれしい限りです。

では。


請求書のイラスト
最新情報をチェックしよう!